2017年3月19日日曜日

大石先生ご退職のお祝い会

本年度で平成2年から助手時代も含め27年間、本学に勤められた日本美術史の大石先生がご退職されるのを祝って、学科教員、教務補助さん一同でささやかな会を開きました。

花束贈呈!

中身は何でしょう?
多くの学生さん、卒業生の皆さんが先生の優しい笑顔に救われたことでしょう。


当日はシークレットゲストというサプライズもあり、
先生をお送りするのにふさわしい楽しい一時が過ごせました。

大石先生、長い間、おつかれさまでした!
そして、ありがとうございました!

2017年3月8日水曜日

「美術館アートまつり」が開催されました

2月26日に群馬県立近代美術館にて開催された
美術館アートまつりに今年もアートマネジメントゼミ生3年生が
参加し、企画、実践を行いました。
今年は「しんぶんしであそぼう!」と題して
エコバックをつくるワークショップを行いました。
前日にNHKでの紹介(2月24日放送「ほっとぐんま640」)もあったためか、
なんとのべ4,814人もの方々にご参加いただき、活気のある一日となりました。

午前中から準備していた数が早速足りなくなるくらい
たくさんの親子の皆さんに参加していただくことが出来ました。
学生たちは作り方シートを提示しながら、
個別に作り方を教え、かわいいトートバックをみなさんに
作っていただきました。

開始直後から続々と来場されます

      館内の受付、たくさんブースがあるのでどこから参加しようかな?


館内では他のブースで作った作品などを入れたり、
持ち運んだりする姿が見られました。

英字新聞のバックを作ります

学生が丁寧に作り方をサポートします

あっという間に満席!


今年のゼミの美術館連携事業はこれで終了ですが、
毎回盛況で本当にありがたかったと思います。
引き続き、楽しいワークショップを企画していきたいと思います。

公立四大学事例発表会に参加しました

2月21日(火)、高崎市産業創造館にて開催された
公立四大学事例発表会に実技ゼミ、アートマネジメントゼミが
参加し、それぞれの取り組み事例三つを発表してきました。
この日は他の公立大学の発表も行われ、
様々な専門分野と地域連携事業がなされていることを
知ることが出来ました。
本学科の連携事業も引き続き継続して行っていきます。

デザインゼミの発表
大泉 町と連 携した発 足60周年記 念事業

絵画ゼミの発表
伊 勢崎市七 夕まつり 等での 共同事業

アートマネジメントゼミの発表
玉村 町と 連携し た「ぐん まみらいカ フェ@玉 村町」

2017年2月3日金曜日

デザインマッチング成果物展示会のお知らせ

群馬県では、自社の商品開発力強化に取組む意欲のある『群馬県内企業』とデザイン制作を希望する『群馬県立女子大学及び中央工科デザイン専門学校の学生』とのマッチングの場を設け、『企業』と『学生』双方の連携でデザイン制作に取り組む『デザインマッチング事業』を実施しています。
 
 群馬県立女子大学の担当は2社、『株式会社ワテックス(ステンレス製雑貨)』『あぜみち&千代田饂飩(プリンパッケージ)』とコラボレーションし、新デザイン商品を開発、完成しました。

 下記の期間・場所で展示致しますのでお近くにお越しの方は、ぜひご覧ください。
 
デザインマッチング商品展示会
会場 けやきウォーク前橋 1階 けやきコート (前橋市文京町2-1-1)
会期 平成29年2月3日(金)~2月6日(月)
時間 10:00~18:00(最終日は10:00~17:00)
観覧料  無料






2017年2月2日木曜日

「西洋美術史実地研修2」第4回



いよいよ第4回(最終回)の実地研修となりました。
午前中は「ティツィアーノとヴェネツィア展」(東京都美術館)。
1回が「ヴェネツィア・ルネサンス展」(国立新美術館)だったので、この研修を締めくくるのにぴったりの展覧会です。


 

事前学習の課題は、「ティツィアーノの生涯と作風について」と「ティツィアーノが描いた《ダナエ》について」。
看板にもなっている《フローラ》も重要ですが、ミケランジェロが見てコメントしたという《ダナエ》は、フィレンツェの素描派とヴェネツィアの色彩派を語るのに最適な作例です。

   


この日は天候に恵まれ、春の陽気の中、上野公園を歩いていきました。 カンザクラも咲いています。 

午後は「ラスコー展」(国立科学博物館)へ。
「西洋美術史概説」の授業は、まさにこの後期石器時代の洞窟絵画から始まります。
事前学習課題は「旧石器時代の美術について」と「ラスコー洞窟とその壁画について」。
「美術」とは何か、これを考えるとてもよい機会です。
いつも見学する美術館とは異なる展示方法を見学する貴重な機会にもなりました。
 

 

さあ、これで今年度の授業も終わり。
この授業をきっかけに、これからも、いろんな展覧会に出かけていって、たくさんの作品に出会ってほしいと思います。(fine)