2017年5月12日金曜日

西洋美術史実地研修1 H29年度第1回

今年も西洋美術史実地研修1(博物館学実習)が始まりました。
4月始めの全体ガイダンスと事前学習で準備して、4月中旬に第一回研修を行いました。

午前中は上野の国立西洋美術館で「シャセリオー 19世紀フランス・ロマン主義の異才」展と常設展、午後は六本木の国立新美術館で「ミュシャ展」を見ました。

シャセリオーに焦点を絞った展覧会が日本で開催されるのは今回が、初めてということで、あまりなじみのない画家ですね。














ということで、事前学習では「シャセリオーについて」と彼に影響を受けた画家のひとり「ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ」について調べてきました。
テオドール・シャセリオー(Théodore Chassériau 1819-1856)は、古典主義の代表的な画家アングルに、早くも10代初めに入門し、後にはドラクロワらロマン主義の影響を受け、師とは異なる独自の画風を確立します。そして、37歳に早逝するも、その作品が次の世代の画家たち、とりわけ象徴主義のギュスターヴ・モローやシャヴァンヌに多大な影響を与えたことで、近年、注目を集めています。
シャヴァンヌは、パリのパンテオンをはじめとする公共建築に大規模な壁画を制作し、午後に見るアルフォンス・ミュシャが好んだ画家としても知られています。
 
事前学習の発表ののち、入館です。   
シャセリオーの作品とそれに影響を受けたモローやルドン作品が並んで展示されていたり、失われた壁画の再現が試みられていたり、近年の研究成果がつまった展覧会でした。
企画展鑑賞のあとは、常設展も鑑賞しました。去年の世界遺産登録も記憶に新しいル・コルビュジェ設計による展示室
午後は六本木に移動して「ミュシャ展」です。
チケットを買うだけでこの長蛇の列!
それもそのはず、今回の展覧会はミュシャ畢生の大作「スラヴ叙事詩」20点の日本初公開。
 
 実は本国チェコでも長らく公開がされてこなかった作品群が見られるのです。
企画展は主にこの作品を中心に展示されていますが、ミュシャのパリ時代の作品もあるということで、改めて事前学習では「ミュシャについて」と「アールヌーヴォー」について発表。
 (一部撮影可能な展示室もありました)
鑑賞者の背丈と比べると、その規模の大きさが分かりますね。
大作ぞろいなの上に、かなりの混雑でしたが、印刷では分からない画家の細かい筆遣いも見られました。
独特の世界観で描かれた作品群。
 
 
 午前中の「シャセリオー展」で見たシャヴァンヌ作品にも通じる淡い彩色が特徴的です。
装飾画家としての側面が日本では知られていますが、今回の企画展では、それとは異なるミュシャ像を見ることができました。
 
 美術作品を研究する上では、その大きさや、画家の制作の過程などを知ることが重要です。その意味で、実地研修の授業は貴重な作品を実際に目で子細に見ることができる貴重な機会になっています。 
 次回はどんな素敵な作品と出会えるでしょうか?
 

「アートマネジメント特講1」の授業で群馬県立近代美術館にいきました

5月11日の「アートマネジメント特講1」の授業では
毎年行っている美術館見学に行きました。
場所は本学から車で15分と近い群馬の森のなかにある
群馬県立近代美術館です。

36名の受講生が足を運び、
美術館の普及事業についてお話を伺った後、
展覧会や施設の見学を行いました。


シアターで教育普及ご担当の先生から話を伺いました。

短い時間でしたが、初めて訪れるという学生も半数ちかくいて、
充実した時間を過ごすことが出来ました。
中には熱心に個人的にお話を伺う学生も見られました。
美術館がどのような運営をしているのか、
またスタッフの方々の仕事ぶりも見ることが出来ました。
ありがとうございました。



2017年5月2日火曜日

新入生オリエンテーション旅行の報告(国立新美術館、国立西洋美術館、東京国立博物館+歌舞伎座)

 
本学では毎年4月、新入生を対象とした研修行事を学科ごとに実施しています。
美学美術史学科では、

本学科で学ぶ上での基本的な姿勢を理解すること
学生間のコミュニケーションを図り、学生生活への導入を円滑にすること
各自が美術館・劇場等を積極的に訪れる習慣を身に付けるきっかけを得ること

を目的として、東京都内の美術館などを二日に渡って見学する内容になっています。

教員の紹介や、学生の自己紹介タイム
都内のホテルで簡単なオリエンテーションを行った後、六本木の国立新美術館へ。

国立新美術館前の桜。今年は桜が長く楽しめました。


国立新美術館では草間彌生の大規模な回顧展。


人気が高く、会場はもちろん、チケット売り場もグッズ売り場も満員でしたね。
 続いて銀座に移動し、歌舞伎座で四月大歌舞伎鑑賞。
 
 
 
今年の演目は「傾城反魂香」から「土佐将監閑居場」、「桂川連理柵」から「帯屋」、最後が踊りで「奴道成寺」。珍しく最初の日本が元々文楽の演目で、義太夫節がたっぷりでしたが、比較的分かりやすい内容の演目だったため、楽しめたのでは? 特に「傾城反魂香」の「土佐将監閑居場」は土佐派の絵師の物語とあって、これから日本美術史を学ぶ皆さんにはちょうど良い演目だったかもしれません。
 
ホテルに戻って一夜明け、二日目は上野へ。昨年、世界遺産に登録された国立西洋美術館で「シャセリオー展」と常設展示を見学しました。

 
入館前には「シャセリオー展」と国立西洋美術館について教員より説明を受けます。
毎年恒例、ロダンの地獄門の前で記念撮影をしてから、東京国立博物館へ移動。
 

今年は「茶の湯」展へ。ここでも日本美術史の教員から説明を受けてから入館。
主要美術館から集めた名品ぞろいの展覧会。話題の曜変天目も見られました。



今年はここで解散です。常設展示も見られたでしょうか。


茶室の再現も。
今年は前日までさむい日が続きましたが、晴天にも恵まれ、名残の桜も楽しめました。
新入生のみなさんは十分に交流ができたでしょうか?

2017年4月27日木曜日

地域との連携「第1回たまむらの風景フォトコンテスト」に協力しました

「第1回たまむらの風景フォトコンテスト」が開催され、4月15日(土)に
受賞作品の表彰式が行われました。

美学美術史学科では、さまざまな地域との連携が行われています。
大学がある玉村町とも多くのプロジェクトを実施してきました。
今回の「たまむらの風景フォトコンテスト」もその1つです。
募集を告知するチラシ制作は、外處光歩(デザインゼミ)さんがデザインしました。
今後は、受賞作品の展覧会をはじめ、作品の活用方法などが検討されています。



デザインゼミの外處光歩さんがデザインしました



表彰式の風景
実行委員会のメンバーとして、山崎先生が司会進行を行いました





受賞作品を玉村町文化センターで展示
審査員には、杉本先生(国文)が携わっています




2017年4月13日木曜日

芸術プログラムオリエンテーションが開かれました

4月12日の昼休み、今年度の芸術プログラムの
オリエンテーションが開かれました。

各活動の様子をパワーポイントで紹介したり、
授業の概要をお知らせしました。
今年もたくさんの学生の皆さんに
芸術プログラムを受講して楽しく学んでほしいと思います!




実技ゼミ生による春期制作展「あけぼの」が開催されています!

ただいま実技棟にて実技ゼミ生による春期制作展「あけぼの」が開催されています。
絵画ゼミ19名、デザインゼミ7名、計26名による展覧会です。
自画像、絵画、立体、インスタレーション、映像など
四年生は卒業制作へむけて、また三年生は今後のゼミ活動へむけて
今の研究成果を発表しています。

新学期を機に新たな気持ちで実技ゼミの展開を
むかえられるように「あけぼの」展としました。
個性豊かな作品をどうぞお楽しみください。










2017年4月7日金曜日

新年度がはじまりました!

入学式とオリエンテーションが終わり、来週から授業がはじまります。
気持ちを新たに、充実した1年を過ごしましょう!


春の庭の桜も見頃です。